おまとめローンの申し込みや審査ではここに注意
サイトマップ

おまとめローンの手続きを進める上で

おまとめローンを検討している方は、現在借金をしていてしかも返済に苦しんでいる方でしょう。一刻も早く借金地獄から解放されたい気持ちは分かりますが、審査に通らなければ何の意味もありません。

 

ここでは、おまとめローンの申し込みや審査で注意すべきポイントをあげておきます。

 

 

続けての申し込みには注意

「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」という言葉がありますが、おまとめローンの申し込みには当てはまりません。おまとめローンの申し込みをするともれなく審査が待ち構えており、通常のカードローンやキャッシングの審査よりもしっかりとした審査が行われるからです。

 

しっかりとした審査が行われる時点で「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」などということはありませんし、むしろ乱発は自らの首を絞める結果となるかもしれません。

 

それは、信用情報機関の存在です。キャッシングやカードローンの申し込みがあると、貸金業者は信用情報機関は申込者の信用情報を照会するわけですが、過去に申込をしただけでも信用情報機関に掲載されます。

 

月に3件以上申し込みをすると、お金によほど困っていると判断されてしまい審査に落とされてしまいます。月に2件しか申し込まなくても、それを毎月繰り返していてはいけません。

 

申し込みをした履歴は半年は残りますので、もし2件か3件落ちてしまったら、半年間ほどは間を空けて申し込み履歴が信用情報から消えるまで待ちましょう。

 

件数に関しては各社の審査基準によっても変わるので、上記はあくまで参考情報に過ぎません。実際にはどの程度の件数で審査落ちとなるかは分かりませんが、それでも複数の申し込みはプラスに働かないのは事実です。

 

特に低い金利で借りる銀行カードローンでのおまとめの場合には申し込み件数もしっかりと見られますので、低金利で借りるオリックス銀行のおまとめ審査の場合には、直近の申し込み履歴にも注意が必要です。

 

事故情報にも注意

おまとめローンを利用しよとする方は借金の返済で困っている傾向にあることは前述しましたが、苦しみながらも期限内に毎回返済しているようであれば特に問題はありません。

 

しっかりと返済しているということで、むしろ好印象を持たれるかもしれません。しかし、苦しみのあまり延滞をしてしまった場合、注意が必要です。

 

どれくらいの延滞で事故情報に掲載されるかは、借りた相手にもよりますが、おおむね3か月以上延滞をするとほとんどの貸金業者では事故情報として登録されてしまいます。

 

任意整理や特定調停などの債務整理をした場合も、おまとめローンの審査にはいい影響を及ぼしません。申し込み履歴は信用情報に半年は残りますが、事故情報はその種類によって5年から10年は信用情報に残ってしまいます。過去に事故情報に掲載される心当たりのある方は、一度信用情報機関に情報照会をしてみましょう。

 

よく考えておまとめを使う

おまとめローンの利用を行うのであれば、よく考えて申し込みをしなければなりません。審査に通らないと何の意味もないおまとめローンは、契約が可能なのか借りられるのかなどをしっかりと自身で可能な限り考えてみましょう。

 

審査基準は明らかにされていないのでどのような状況なら借りられるか、確実な答えは誰にも出せません。ただ、上にも挙げたように申し込みの履歴などの審査における最低限の注意点を守っておけば、余計な審査落ちも防げるようになります。

 

おまとめローンは金利はもちろん重要ですが、選ぶ基準は金利だけでなく様々な点があります。何を重視するかによってもおまとめローンの選び方は変わってきますので、借り入れ先、一本化を行う先を考えたい方はおまとめローンを選ぶ方法をよく見ておき、借り入れ先を選定してください。