おまとめローンの申し込みや審査ではここに注意
サイトマップ

勤務先と勤続年数

通常のカードローンやキャッシングでもそうですが、おまとめローンはよりまとまった金額を融資することが多いので、通常よりも勤務先や勤続年数を重視する傾向があります。

 

どんな勤務先がいいか

おまとめローンを成功させるために勤務先を変更させる人はあまりいないでしょうが、参考までに勤務先として最も有利なのは公務員です。公務員の場合は雇用と給与が安定しているのが最も大きなポイントであり、国家公務員でも地方公務員でも特に大差はありません。

 

それに次いで有利なのがサラリーマンですが、こちらは大手の方が中小企業よりも有利となります。大手の方がより雇用も給与も安定していると考えられるからです。

 

それに次いで自営業ですが、いくらお金を稼ぐ自営業でも雇用や給与が安定していないので、やはりおまとめローンには不利のようです。そして、パートやアルバイトは、そもそも申し込めないおまとめローンもあります。

 

勤続年数は

通常のカードローンやキャッシングでは、勤続3ヶ月や半年を基準としていますが、おまとめローンの場合にはそれよりもさらに長い勤続1年程度を基準としているところが多いです。

 

もし間もなく勤続1年になるというのであれば、少し待ってしっかり勤続1年にしてから申し込んだ方が賢明でしょう。

 

アルバイトやパートの方はおまとめローンの利用は難しいですが、通常のカードローンとして借りるならプロミスの審査通過ができる可能性もあると知っておきましょう。